「原田和典 ブログ人」

ヨーロッパ横断特急

 
11月下旬から東京・シアターイメージフォーラム「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」と題する特集上映が行なわれます。その試写にいきました。
ロブ=グリエは1922年フランス生まれ。小説家として頭角を現し、60年には『去年マリエンバートで』(アラン・レネ監督)で脚本を担当。63年に『不滅の女』で監督デビューを果たしました。
『ヨーロッパ横断特急』はフランスとベルギー合作、1966年の作品。舞台はパリからアントワープにかけて、です。上映当時“難解だ”という声もあがっていたようですが、劇中劇の中にまた劇中劇があり、さらにその中に劇中劇が盛り込まれるような展開は実に面白くバリエーションに富んでいて、ぼくは「ああなるほど、こういう手があったのか。こういう手管を自分の原稿に取り入れられないものだろうか」などと考えながら、手に汗にぎりつつ楽しみました。出演はジャン=ルイ・トランティニャン、マリー=フランス・ビジェ、クリスチャン・バルビエール等。シリアス部分とクスッとさせられる部分のバランスも絶妙です。マトリョーシカを見るような気分で楽しんでいただけたらと思います。
ロブ=グリエ、没後10年。再評価の時期が訪れました。165.png



# by haradakazunori | 2018-10-19 09:38 | 映画

『Workers 被災地に起つ』トークイベント

9月21日にここで紹介した映画『Workers 被災地に起つ』が10月20日から公開されますが、東京「ポレポレ東中野」で16日間連続のトークイベントが行なわれることが決まりました。連日、監督や映画の登場人物はじめ、著名人や、ワーカーズコープゆかりの方々が登場予定とのこと。
詳しい情報はこちらへ。
地方劇場公開も全国各地で続々決定中で仙台/チネ・ラヴィータ(11/23〜)、北海道/札幌シアターキノ(12/8〜)、新潟/シネ・ウインド(12/8〜)となっています。とくに北海道、東北と縁のある方は特にいろいろ考えさせられる内容だと思います。179.png




# by haradakazunori | 2018-10-18 09:36 | 映画

ぼけますから、よろしくお願いします。

c0348127_01540152.jpg
ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」の試写に行きました。監督・制作は数多くのドキュメンタリー番組を手がけてきた信友直子氏。舞台は広島県呉市です。
「私」(信友氏)は文学好きの父、カメラ好きで書道にも才能を発揮する母の一人娘として育ち、18歳で上京しました。45歳のときに乳がんが見つかり、その頃から自分や両親の姿を定期的に記録していくのですが、歳月を経るうちに、母に異変が起きていることに気付きます。さっき会った人やしゃべったことを覚えていない、などなど。母は認知症と診断されました。「私」は介護のために故郷に戻ることも考えましたが、父は「自分が介護する」と言いました。つまり95歳の夫が、87歳の妻をケアしていくのです。
もちろんそれが必ずしも順調にいくわけではありません。ヘルパーの助け、医師のアドバイスを得ながらの、申し訳ない表現ですが実にあぶなっかしい“二人三脚”です。「親がこういう状態になった時、自分は果たしてどんな行動をとれるか」、「自分がこういう状態になった時、子供たちはどう動いてくれるだろうか」・・・見るひとそれぞれの立場に、この作品は真実をつきつけてきます。
2016年にフジテレビ/関西テレビの「Mr.サンデー」で直収され、翌年、追加収録文を加えてBSフジで放送されたものをベースに、さらに取材と再編集を行なった完全版です。11月3日よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー。




# by haradakazunori | 2018-10-12 10:04 | 映画

雑誌情報

c0348127_13195697.jpg

c0348127_13195599.jpg
c0348127_13200547.jpg
c0348127_13195101.jpg
c0348127_13194902.jpg
c0348127_13195818.jpg
「ミュージック・マガジン」最新号に書いています。音楽シーンを席巻するSOLEIL(ソレイユ)のインタビュー等を担当しています。
「レコード・コレクターズ」最新号に書いています。
「CDジャーナル」最新号に書いています。
「ジャズジャパン」最新号に書いています。「西郷どん」の里アンナさんが参加した“黒船”について取材しています。
「ブルース&ソウル・レコーズ」最新号に書いています。今回のテーマはジェームズ・ムーディ。
「HiVi」最新号、「東京ライブストーリー」の第3回目はモデルの奈月セナさんをゲストに迎え、ジョージ・クリントンについて語っています。
ぜひお読みください!!!174.png




# by haradakazunori | 2018-09-28 11:40 | 書籍・雑誌

Workers 被災地に起つ

c0348127_12205430.jpg
映画『Workers 被災地に起つ』(監督;森康行)の試写に行きました。
これは「ワーカーズコープ」に関するドキュメンタリーです。日本語にすると「労働者協同組合」。働く人や市民がみんなで出資し、民主的に経営し、責任をわかちあい、人と地域に役立つ仕事をおこす協同組合のことですが、現在の日本にはワーカーズコープを規定する法律はないそうです。
舞台となるのは岩手県の大槌町、気仙沼市、宮城県の登米市、亘理町。2011年3月に起きた震災、その爪痕がまだまだ残る街に、「放課後の子供、障碍児を預かってくれる場を」、「お年寄りが安心して暮らせる場を」、「地元の資源を生かした地域の復興を」といったリクエストが寄せられます。それはやがて「誰もが集える地域の拠点へ」「地域の魅力を生かした村の復興へ」へと発展していきます。「仕事は与えられるものではなく、自分で作り出すもの」という言葉も印象に残りました。
元飛行機整備士が、津波に関する話をするところも忘れられない場面のひとつです。建物の3階に避難したが、2階まで水が来て、やがてものすごい数の人が水面に浮かび始めた・・・という内容だったと思います。退職した後、いかにしてこの「ワーカーズ」とのつながりを得るに至ったか、そのあたりも見どころのひとつといえましょう。
ハンディキャップがどうとか世代の差を超えて、人々がひとつになった時に生まれる強いちから、それを味わわせてくれる作品です。最近の日本はとみに強力な台風や地震におそわれることが増えているように思います。東北在住以外の方にも、決して他人ごとではないはずです。10月20日から東京・ポレポレ東中野、11月23日から仙台・チネ・ラヴィータほか全国順次公開。165.png






# by haradakazunori | 2018-09-21 11:30 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

山<モンテ>
at 2019-01-16 11:20
ノーザン・ソウル
at 2019-01-15 10:37
ナディアの誓い
at 2019-01-07 12:04
明日開催!
at 2019-01-04 11:00
雑誌情報
at 2018-12-24 10:58
CD情報
at 2018-12-23 11:24
CD情報
at 2018-12-21 11:00
CD情報
at 2018-12-20 11:11

外部リンク

ファン