「原田和典 ブログ人」

<   2018年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧




雑誌情報

c0348127_10385470.jpg
昨日の続きです。「映画秘宝」の最新号に、映画『アイ・アム・ザ・ブルース』について書いています。ミシシッピに行った時に生で聴いたミュージシャンも出てきて、いろいろ感慨深いものがありました。ぜひお読みください!169.png





by haradakazunori | 2018-05-22 10:40 | 書籍・雑誌

雑誌情報

 
c0348127_10111738.jpg
c0348127_10112093.jpg
c0348127_10111942.jpg
c0348127_10112972.jpg
c0348127_10113082.jpg
c0348127_10112299.jpg
「ミュージック・マガジン」最新号に書いています。半田健人さんのインタビューを担当しています。
「レコード・コレクターズ」最新号に書いています。
「CDジャーナル」最新号に書いています。
「ジャズジャパン」最新号に書いています。土田晴信さんインタビューなど。
「ジャズ・パースペクティヴ」最新号に書いています。川崎燎さんの書面インタビューを担当しています。
「HiVi」最新号に書いています。ライヴ映像作品の紹介、大野いとさんインタビュー等。
ぜひお読みください!!!172.png




by haradakazunori | 2018-05-21 10:12 | 書籍・雑誌

DJコテコテ、6月2日と3日に登場

c0348127_11342169.jpg
DJコテコテ、5月5日のデビュー戦@渋谷・メスカリートにお越しいただきありがとうございました。次回はこの2つです。
●6月2日(土) 黒の試走車 @渋谷・メスカリート 時間については後で告知いたします(夜の開催です) https://ppfnp.exblog.jp/26790320/
●6月3日(日) 渋谷並木座 @渋谷・ラストワルツ 時間11:30AM〜(午前です) http://emls.jugem.jp/?eid=578
6月2日はCD、3日はアナログです。ジャズ、ブルース、ファンク、ソウル、アフロ、カリプソ等をかけます。




by haradakazunori | 2018-05-19 11:38 | イベント

CD&雑誌情報

c0348127_10053893.jpg
c0348127_10102379.jpg

c0348127_10053920.jpg

c0348127_10054246.jpg

c0348127_10054476.jpg

c0348127_10055066.jpg

c0348127_10055202.jpg

次のCDのライナーノーツ(解説)を書いています。ぜひよろしくお願いします。
●ローガン・リチャードソン「ブルース・ピープル」(ユニバーサル ミュージック)
●Yuji Ohno & Lupintic Six with Friends「ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「LUPIN THE THIRD PART V~SI BON ! SI BON !」 (バップ)※大野雄二&沢城みゆき対談を担当しました
●フレッド・ハーシュ&アナット・コーエン「ライヴ・イン・ヒールスバーグ」(キングインターナショナル)
●キース・ジャレット「スタンダーズ・ライヴ 星影のステラ」「チェンジズ」(SACDハイブリッド:タワーレコード限定販売)
●バルネ・ウィラン&マル・ウォルドロン「ふらんす物語」(ポニーキャニオン) ※LPも発売
●サミー・デイヴィスJr.「サミー・デイヴィス・ジュニア・シングス・ローリンド・アルメイダ・プレイズ」
●パーシー・メイフィールド「プリーズ・センド・ミー・サムワン・トゥ・ラヴ」
●ヒュー・マセケラ「ヒュー・マセケラズ・レイテスト」
●ジョー・ウィリアムス「プレゼンティング・ジョー・ウィリアムス・アンド・サド・ジョーンズ、メル・ルイス、ザ・ジャズ・オーケストラ」(以上クリンク)
雑誌「ブルース&ソウル・レコーズ」最新号にも書いています。グラント・グリーンの新発見音源についてなど。
以上、ぜひよろしくお願いします。169.png




by haradakazunori | 2018-05-12 08:37 | CD

榎田貿易堂

c0348127_11451581.jpg
映画『榎田貿易堂』の試写にいきました。監督・脚本・編集は飯塚健、音楽は海田庄吾、エンディング曲「ハロー」を担当する奥野涼は、ミライスカートへの楽曲提供でも知られていることでしょう。
舞台は群馬県。ゴミ以外を扱うリサイクルショップ、榎田貿易堂の店主には渋川清彦(個人的には『下衆の愛』で強烈に印象付けられました)が扮し、ほか森岡龍、伊藤沙莉、滝藤賢一、片岡礼子、根岸季衣、余貴美子などが登場します。初の人妻役であるという伊藤沙莉のハスキー・ヴォイスがまた、なんともいい味を出しています。
印象的な部分はきりがないほどですが、こういうニュアンスに富んだ作品ほどネタバレは極度にセーブすべきなのかもしれません。というか、とにかく見て、ハッとし、喜んでほしいのです。「夏の字」、「すぐつぶれるだろうと榎田に何度も言われる飲み屋」、「クリーニング店のチャイム」、「珍宝館」・・・いろいろ書きたくもなりますが、ぼくはこういう映画、実は初めて見ました。会話や演技のテンポ感が絶妙で、なんというか、その“間”に、自分の心のなかで登場人物の発言や行動に対して相槌やツッコミを入れたくなるのです。言葉を変えればこの2時間のあいだ、ぼくは彼らの仲間になったような気分を味わいました。そんな親しみの持てるキャラクターが、群馬の広い空の下で、どうにかこうにか生きているのです。
そしてセリフのやりとりが、じつに笑えます。といっても爆笑というのではなく、クスリと笑いがもれてしまうというか、人間の情けなさとかしょっぱい部分がにじみ出てくるようなセリフや演出なのです。そのあたり、落語好きも大喜びするのではないかとも思いました。6月9日から東京・新宿武蔵野館、シネマテークたかさき他全国ロードショー。172.png




by haradakazunori | 2018-05-11 09:36 | 映画

スパイナル・タップ

c0348127_23322607.jpg
なんと今回が日本劇場初公開とは! ロック好きにとってはバイブルと言っていいでしょう、爆笑必至の映画『スパイナル・タップ』が6月16日から降臨します。
制作は1984年、監督は2年後に『スタンド・バイ・ミー』を大ヒットさせるロブ・ライナーです。そして主人公は英国のロック・バンド、スパイナル・タップ! 物語は彼らの全米ツアーに密着しつつ、それまでの長く曲がりくねった歴史をひもといていきます。前身バンドの頃はスキッフルを演奏していましたが、1966年の正式デビューの頃にはマージ―ビートで。その後フラワー・ムーヴメントにはまりフォーク・ロック調となり、さらにサイケデリック路線へと包みます。そして映画制作の頃はハードでヘヴィーなサウンドを追求。これほど音楽性を変えながら続くバンドは世界的にも珍しいといえましょう。
主要メンバー3人は基本的に不動ですが(ケンカ別れしてもすぐに戻ります)、ドラマーだけは他人のゲロで窒息死したり、ガーデニングの最中に死んだり、変動が激しいです。3人は基本的に2ギター+1ベース、しかし曲によっては3人でベースを弾くレパートリーもあり(しかもひとりはダブルネックのベースです)、そのへんの細かな描写もまた、音楽好きをクスリとさせることでしょう。口調は「today」を「トゥダイ」と発音するなど英国風の言い方があり、ぼくはザ・クラッシュのポール・シムノンのそれを思い出しました。
楽屋からステージに出ようするも迷って何度も来た場所に戻ってしまうところ、いわくつきの“ストーンヘンジ”、決して弾いても触ってもいけないギター、目盛りが“11”のアンプなど、小ネタがこれでもかと詰め込まれています。演者たちも、架空の伝説的ロック・バンドを演じるのを大いに楽しんでいるのがわかります。さらに実在のミュージシャンが時折出てくるのも、話のリアリティ&うさんくささをさらに加速させてくれます。つまり、要するに、必見なのです! 6月16日から新宿武蔵野館で公開。169.png




by haradakazunori | 2018-05-10 10:29 | 映画

29歳問題

c0348127_11211112.jpg
映画『29歳問題』の試写にいきました。もともと舞台劇で好評だったものを映画化したとのことです。第37回香港電影金像奨で7部門にノミネート、2017年の大阪アジアン映画祭ではプレミア上映されて観客賞を受賞しました。監督・脚本はキーレン・バン、音楽はアラン・ウォンとジャネット・ヨン。挿入歌にはレスリー・チャンやBEYONDの楽曲も使われています。
物語の舞台は「2005年」です。ひとり目の主役は来年30歳になるクリスティ。一流企業に勤め、彼氏もいて、容姿も端麗、はたから見ると何もかもうまくいっている感じですが、本人的には気持ちがどうもすっきりしません。しかし住んでいた(「トレンディな」という言葉を使いたくなります)ところを家主が売却してしまいます。引っ越さざるを得なくなったクリスティは、家主の紹介する仮住まい先(住人はパリに旅行中)に移ります。
その仮住まい先の本来の住人が、ふたり目の主役と言っていいであろうティンロ。演じるジョイス・チェンは実際に「肥姐」という愛称で親しまれているそうですが、とにかくポジティブです。クリスティは仮住まい中、ティンロの日記をのぞき見てしまいます。そして同じ誕生日だと知り、さらに興味を募らせていきます。物語はいつしか、「ティンロの日記に描かれている情景」と「それを読むクリスティの心情」とが交錯する形で進みます。
キーワードは「レコード店」、「パリ」、「病」でしょうか。音楽ファンとしては、レコード店の品ぞろえがすごく気になりました。目を凝らすとデイヴ・ブルーベック『タイム・アウト』、スタン・ゲッツ『ゲッツ/ジルベルト』、チェット・ベイカー『チェット』等のCDジャケットが写り込んでいて、店員はビートルズ『アビー・ロード』のジャケットが印刷されたTシャツを着ています。ロケ風景もたっぷりあり、個人的にも香港は2度行ったことがあるので、そのときの街の匂いや湿気、都会部の建物がおしゃれだったこと、食べ物がおいしかったことなどを思い出しました。
詩情を感じさせる、暖かな作品です。いわゆる映画ファンだけではなく、「最近、映画に行ってないな。学生の頃やつきあいはじめた頃はよく見ていたけど」というカップルや夫婦にも、ぜひ見てほしい内容だと思いました。アクション、カンフー、ミステリーだけが香港映画ではないのです。5月19日から東京YEBISU GARDEN CINEMA、26日から大阪シネ・リーブル梅田、6月2日から名古屋・名演小劇場で公開。178.png





by haradakazunori | 2018-05-09 10:40 | 映画

DJコテコテ、次回は6月3日!

c0348127_11164005.jpg
昨日、渋谷メスカリートで行なわれたイベント「黒の試走車」で、初DJをしました。ブルース、ゴスペル、ジャズ、アフロ、いろいろかけました。お越しいただき本当にありがとうございました。
このときはCDでしたが、6月3日(日曜日)に行なわれる回では全部レコードでいきます。登場時間は11:30からの45分間。場所は渋谷・Last Waltz in LOFT、かつて戸川昌子さんのシャンソン・ライヴハウス「青い部屋」だったところです。翔(横浜銀蝿)さん、グランマニエ(氣志團)さんも登場した場所に出られてうれしいです。45回転モノラル7インチシングルの醍醐味をご体感ください。

【日時】
2018年06月03日(日)
開場 11:30
開映 12:15
終了 15:00(予定)
【上映】
草野なつか|そこからなにがみえる 現在地(2018年/10分/Blu-ray上映)
草野なつか|王国(あるいはその家について)予告編(2018年/10分/Blu-ray上映)(写真上段 Photo:?田菜月)
アラン・ベルリナー|The Sweetest Sound(2001年/57分/日本語字幕付き)断片→☆
【DJ】
DJコテコテ a.k.a. 原田和典(上映前)
miro & nika(上映後)
【会場】
Last Waltz in LOFT
渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F
TEL:03-6427-4651
http://lastwaltz.info/
【料金】
大人・予約 1500円
大人・当日 1800円
高校生以下 1000円
(1ドリンク込み/全席自由)
「DJやってみたいんですが」というこちらの申し出を即座に受け入れて練習の機会も与えてくださった、映画ライターの鈴木並木さんにあらためて感謝いたします。181.png




by haradakazunori | 2018-05-06 11:27 | イベント

DJコテコテ、あさって渋谷でデビュー!

c0348127_11294032.jpg
DJコテコテのデビュー・ステージが近づいてきました。今回はブラック・ミュージックに的を絞り、全部CDでつないでいきます。踊りたけりゃ踊るがいいさ、ただし自分自身のステップでな!
イベント詳細はこちら。DJコテコテの時間は20:30前後から45分間。入場料は1ドリンク込みで1000円です。
★5月5日(土)「黒の試走車」
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション)
https://ppfnp.exblog.jp/26668778/
6月にはアナログ盤にこだわって回す予定です。詳細は後日!126.png




by haradakazunori | 2018-05-03 11:30 | イベント

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

名前
at 2018-06-14 11:06
ラジオ、本日から放送!
at 2018-06-09 09:29
6月はラジオでオルガン・ジャズ!
at 2018-06-07 09:51
ガザの美容室
at 2018-06-03 08:16
DJコテコテ、6/2&6/..
at 2018-06-01 10:48
雑誌情報
at 2018-05-22 10:40
雑誌情報
at 2018-05-21 10:12
DJコテコテ、6月2日と3日..
at 2018-05-19 11:38

外部リンク

ファン