「原田和典 ブログ人」

ラッキー

c0348127_12202344.jpg
映画『ラッキー』の試写に行きました。俳優のジョン・キャロル・リンチが初監督を務め、昨年9月に91歳で亡くなったハリー・ディーン・スタントンが主演します。『パリ、テキサス』、『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』、『ツイン・ピークス The Return』等にも登場した“寡黙な男”です。
脚本のローガン・スパークスとドラゴ・スモーニャは、ハリーへの“あて書き”として台本を仕上げました。主人公のラッキーは、アメリカ南西部、砂漠近くの田舎(といっていいでしょう)に住む90歳。第二次世界大戦の従軍経験があり、後半では渋い歌を披露するシーンもあります。このあたり、沖縄で闘い、ミュージシャンとしても活動したハリーのプロフィールがそのまま反映されているといっていいでしょう。ぜい肉ひとつないスラリとした体、ボサボサの髪の毛。顔には深いしわが刻まれ、つぶやくようにしゃべります。どこまで地なのか? どこまで演じているのか? そこに関心を寄せながら観るのも面白いと思います。
バーやダイナーでの「気の置けない仲間との日常そのもの」といった感じの英会話(こんな言い回し、授業では教えてくれないと思います)、華やかなマリアッチ・パーティ。『M★A★S★H』に出ていたトム・スケリット(フレッド役)と戦争中の思い出話をするところ、突如出てくるリベラーチェ(彼の人生を基にした映画『恋するリベラーチェ』も記憶に新しいところでしょう)のライブ映像など、印象深いシーンが次々と登場します。ハリーの長年にわたる友人の映画監督、デヴィッド・リンチが「愛亀に逃げられて悲嘆にくれる男」を演じているのも観ものです。さあ、その亀は戻ってくるのでしょうか?
ラストに流れる「The Man In The Moonshine」はハリーの友人でやはり映画監督/俳優として知られる、フォスター・ティムズによる楽曲。“月明かりに立つ男”といった意味でしょうか。ハリーの出演映画のタイトルを散りばめながら、じっくりと歌い込みます。これがまた、深い余韻を残します。
渋い爺さんになりたいと思っている方、アメリカーナに関心のある方、「生きた英語」を感じたい方、そしてもちろん各役者のファンは必見といえましょう。3月17日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。164.png





by haradakazunori | 2018-02-17 10:32 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

雑誌情報
at 2018-05-21 10:12
DJコテコテ、6月2日と3日..
at 2018-05-19 11:38
CD&雑誌情報
at 2018-05-12 08:37
榎田貿易堂
at 2018-05-11 09:36
スパイナル・タップ
at 2018-05-10 10:29
29歳問題
at 2018-05-09 10:40
DJコテコテ、次回は6月3日!
at 2018-05-06 11:27
DJコテコテ、あさって渋谷で..
at 2018-05-03 11:30

外部リンク

ファン