「原田和典 ブログ人」

デヴィッド・ギルモア ライヴ・アット・ポンペイ

c0348127_10523532.jpg
映像作品「デヴィッド・ギルモア ライヴ・アット・ポンペイ」の上映会に行きました。
ギルモアは、ぼくにとってまだ見ぬ大物です。ピンク・フロイドの公演は世代的に間に合わず(ロジャー・ウォーターズのソロは見に行きましたが)、ギルモア自身も約30年間来日していません。しかも、この作品のライヴ会場は“ポンペイ”です。ぼくは子供の頃、NHKのテレビ番組「ヤング・ミュージック・ショー」でピンク・フロイドのポンペイ・ライヴを見ました。プログレのプの字も知らない、というよりも、文字も読み書きもできなかったほど幼い頃ですが、「ああ、なんかすごいことをやっているんだなあ」ということだけはわかりました。
その世界遺産ポンペイで、2016年にギルモアがコンサートを開いたのです(ポンペイ円形闘技場)。むろんフロイドの曲もたくさん演奏しますが(「クレイジー・ダイアモンド」は鳥肌ものです)、なによりも印象に残ったのはレイドバック感、ブルース・ロック感でした。しかもバックの音が異様にかっこいい、と目をこらしたら、グレッグ・フィリンゲインズ(先日、デイヴ・コーズのバックでブルーノート東京に出ました)やチャック・リーヴェルが入っているのですから、それはかっこいいはずです。ギルモアもギターはセクシーだし、歌にコクがあるし、たたずまいが凛としていて、とにかくいいトシのとり方をしています。
空撮を含むカメラ・ワークも極上、夕方にライヴが始まり、進むにつれてどんどんあたりが暗くなっていくあたりも絶品です。照明や演出も申しぶんなく、最後の花火大噴射にはひきずり込まれるような魅力があります。もちろん音質も抜群ですし、ちゃんと小節や曲展開をわきまえて切り替わるカメラ・ワークは、とても気持ちの良いものでした。
9月25日に東京・Zepp Divercityと大阪・Zepp Namba、9月29日に北海道・札幌シネマフロンティアと愛知・ミッドランドスクエア シネマと福岡T・ジョイ博多で、“絶響上映ライヴ”が行なわれます。また、10月11日には「デラックス・ボックス・ヴァージョン」、「2CDヴァージョン」、「BDヴァージョン」がソニーミュージックから発売されます。157.png




by haradakazunori | 2017-09-22 10:55 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

祈り 三部作
at 2018-07-13 12:02
ラ・チャナ
at 2018-06-27 08:35
ストリートオブファイヤー
at 2018-06-26 11:26
雑誌情報
at 2018-06-25 10:19
名前
at 2018-06-14 11:06
ラジオ、本日から放送!
at 2018-06-09 09:29
6月はラジオでオルガン・ジャズ!
at 2018-06-07 09:51
ガザの美容室
at 2018-06-03 08:16

外部リンク

ファン