「原田和典 ブログ人」

あさがくるまえに

c0348127_13545099.jpg
映画「あさがくるまえに」(原題;R?parer les vivants)の試写に行きました。監督はコートジボワール出身のカテル・キレヴェレ、旧作「聖少女アンナ」と「スザンヌ」がいずれもカンヌ国際映画祭の「監督週間」と「批評家週間」の開幕上映作品に選ばれた気鋭です。この「あさがくるまえに」もヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門に選ばれました。
原作はメイリス・ド・ケランガルの書いた小説「ザ・ハート」。メイリスは、いくつかの映画化のオファーの中から、キレヴェレ監督に白羽の矢を立てたとのことです。物語は夜明け前、シモン(ギャバン・ヴェルデ)がガールフレンドを部屋に残し、友人とサーフィンに出かけるところから始まります。とても楽しいサーフィンだったはずですが、それを終え、車で移動中に悲劇が起こります。シモンは脳死、呼び出された両親は「息子が蘇生する可能性は低いこと」を知らされ、続いて臓器提供の話を持ちかけられます。言葉にならないほどショックを受けているのに、何をいきなり臓器移植の話をするのか! 気持ちが昂るのは当然かもしれません。が、両親は話し合い、考えに考えて、臓器提供のほうへと考えをかえていきます。そこに至るまでの声の出し方や表情の変化も、ぼくにとっては本作の大きな見どころでした。
そしていっぽうでは、あるベテランの音楽家が心臓移植の機会を待っていました。彼女もまた悩んでいます。もう若くない自分が、他人の命と引き換えに、そこまで延命する意味があるのだろうか・・・
さまざまな悩み、決意が、セリフの少ないこの映画に陰影を加えていきます。音楽のアレキサンドル・デスブラは、かつてぼくに「ものすごくうるさくて、ありえないほど遠い」のサントラで大きなインパクトを与えた才人です。今回も幻想的、淡々と、すばらしい仕事をしています。9月16日からヒューマントラスト渋谷などで全国順次公開。177.png





# by haradakazunori | 2017-07-26 10:31 | 映画

雑誌情報



c0348127_11454373.jpg
c0348127_11452673.jpg

c0348127_11463865.jpg

c0348127_11453045.jpg

「レコード・コレクターズ」の最新号に書いています。
「ミュージック・マガジン」の最新号に書いています。
「CDジャーナル」の最新号に書いています。
「ジャズジャパン」の最新号に書いています。今月はいっぱいあります。
●第22回ヴィジョン・フェスティヴァルに行く(ニューヨーク)
●石川さゆり×大江千里対談
以下はインタビューです。
●狭間美帆(東京JAZZの特別プログラムについて)
●ボン・ボーンズ(上杉優&駒野逸美)
●甲田伸太郎(ブラッデスト・サキソフォン)
以上、ぜひぜひよろしくお願いいたします。





# by haradakazunori | 2017-07-24 11:48 | 書籍・雑誌

ロスト・イン・パリ

c0348127_11183785.jpg
映画「ロスト・イン・パリ」(原題;Paris pieds nus)の試写にいきました。監督・脚本・制作は、ベルギーが世界に誇るコメディ夫婦のアベル&ゴードン(ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードン)。ふたりは劇中でも主役を演じます(それぞれドム役とフィオナ役で)。
フィオナはカナダの小さな村に住んでいます。ある日、パリに住んでいる叔母のマーサから手紙が届きます。フィオナはフランス語があまり得意ではありませんでしたが、気合たっぷりにパリに向かいます。しかしマーサにはなかなか会えません。フィオナはいきなりセーヌ川に落っこちてしまい、一文なしになってしまいますが(なぜそうなったのか、ぜひご覧いただけたらと思います)、ホームレスのドムとの出会いから物語は予想もつかない展開へと向かいます。最初はドムに「近寄らないで」といい放っていたフィオナですが・・・・
4コマ漫画のような展開がいくつも盛り込まれている映画と言えばいいでしょうか。くすっと笑ってしまうところもあるし、吹き出してしまうところもあるし、大声をあげて爆笑したくなるところもあります。マーサ役は2013年に日本公開された「愛、アムール」にも出ていたエマニュエル・リヴァ(この1月に亡くなりました)。すごくチャーミングなおばあちゃんを演じています。8月5日、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。162.png





# by haradakazunori | 2017-07-06 11:20 | 映画

リベリアの白い血

c0348127_11534875.jpg

映画「リベリアの白い血」(原題;Out of my hand)の試写に行きました。監督はこれが長編デビュー作となる福永壮志氏。内戦の傷痕が色濃く残るリベリアで、政府公認の映画組合と共に制作された初めての映画であるそうです。主演のシスコに扮するのはビショップ・ブレイ、音楽はタイヨンダイ・ブラクストン。
物語は西アフリカ・リベリアのゴム農園から始まります。劣悪な労働状況の改善を訴えても、現状は変わりません。そのとき、彼はニューヨークにいる従兄弟からアメリカの話をききます。そして家族を残したまま、この国に単身で渡ることを決意します。
ついて真っ先に言われたことは、「ここはランド・オブ・ミルク・アンド・ハニーじゃないんだよ」ということ。タクシー運転手の職を得たのですが、生活は楽になりません。シスコの過去を知る元リベリア兵士のジェイコブにもしつこくつきまとわれ、恐喝まがいなことまでされて・・・(展開はぜひ劇場でごらんください)
音楽は先ほど記したようにタイヨンダイ・ブラクストンが担当しています。父親はもちろんジャズ・サックス奏者のアンソニー・ブラクストン。タイヨンダイはジャズ・ミュージシャンではないのでジャズが使われているわけではありませんが、抽象的な音響は実に効果的です。また、制作に名を連ねるドナリ・ブラクストンはタイヨンダイの実弟。映画監督、脚本家として目覚ましい注目を集めています。
ジャズ界では今、テイラー・ホー・バイナムやメアリー・ハルヴァーソンなどアンソニー・ブラクストン門下が大活躍していますが、実の息子たちもどんどん活動の場を広げています。この映画を見終えたあと、ぼくは1972年以来、45年間も実現していないアンソニーの来日ライヴを、さらにさらに期待したくなりました。息子の作った映像にあわせて吹くとか、最高の企画だと思うのですが。
「リベリアの白い血」は8月5日から、アップリンク渋谷にてロードショー。172.png




# by haradakazunori | 2017-07-04 11:55 | 映画

雑誌情報

 
c0348127_09394725.jpg
c0348127_09402662.jpg
c0348127_09394219.jpg
c0348127_09381943.jpg
c0348127_09394152.jpg
c0348127_09402960.jpg

遅くなって失礼しました。どうぞよろしくお願いします。
「レコード・コレクターズ」の最新号、今回はインタビューも担当しています。ひとつは海道はじめ(「スナッキーで踊ろう」レコーディング50周年!)、そしてもうひとつはゼブ・フェルドマン(ウェス・モンゴメリーやジャコ・パストリアス等の貴重な音源を発掘しているレゾナンス・レコーズ副社長)
「ミュージック・マガジン」の最新号に書いています。
「CDジャーナル」の最新号に書いています。
「ジャズジャパン」の最新号に書いています。
「ブルース&ソウル・レコーズ」の最新号では映画「-約束の地、メンフィス 〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー〜」について書いています。
「トラベシア」第2号に私小説を書いています。これのみ流通が独自です。入手方法はこちらをどうぞ http://emls.jugem.jp/?eid=572
181.png




# by haradakazunori | 2017-07-03 09:42 | 書籍・雑誌

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

リュミエール!
at 2017-09-24 10:32
ソニータ
at 2017-09-23 10:12
デヴィッド・ギルモア ライヴ..
at 2017-09-22 10:55
雑誌情報
at 2017-09-21 10:57
本日発売!
at 2017-09-20 10:45
ポリーナ、私を踊る
at 2017-09-16 11:20
ニコトコ島+石と歌とペタ
at 2017-09-15 10:16
ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
at 2017-09-12 10:07

外部リンク

ファン