「原田和典 ブログ人」

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧




ミスター・ダイナマイト

c0348127_10164398.jpg

ドキュメンタリー映画「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」の試写に行きました。脚本・監督・総指揮はアレックス・ギブニー、プロデューサーの一人はミック・ジャガーです。
行く前から心が弾みます。なぜならブラウンは忌野清志郎とならんで、ぼくの人生を決定づけた音楽家のひとりだからです。5歳の時、土曜の夜に放送されていたテレビ番組「ソウル・トレイン」に感激してから今までずっと、ぼくはブラウンに惚れ込んでいます。どんなことがあっても毎日、少なくとも1分間は彼のことを考えてしまいます。この映画を見る(見た)日は寝ている時もブラウンのことを考えていました。
映画は貴重な映像と、ありがたいインタビューのてんこもりです。ボビー・バード(2007年逝去)、メイシオ&メルヴィンのパーカー兄弟、ピー・ウィー・エリス、フレッド・ウェスリー、ブーツィ・コリンズ、クライド・スタブルフィールド、ジョン・ジャボ・スタークス、マーサ・ハイ、ダニー・レイら共演者の証言は、ひたすら生々しく、「ファンキー・ドラマー」誕生のエピソードには笑わずにいられません。ブラウン・チルドレンといっていいであろうクリスチャン・マクブライドやクエストラブは音楽的な分析を加え、アラン・リーズ(もとツアー・マネージャーで、今では世界一のブラウン研究家だと思います)やミック・ジャガーの発言も作品に重みを加えています。和製英語「マント・ショウ」の“マント”をしっかり英語通り“ケープ”と紹介していた字幕にも好感が持てました。
ライヴ・シーンではファンには有名な1968年ボストン、71年パリ、66年エド・サリヴァン・ショウ、64年T.A.M.I.ショウがフィーチャーされています。影響を受けた音楽家の映像としてルイ・ジョーダン、デューク・エリントン(サックスはジョニー・ホッジスではなくウィリー・スミス)、カウント・ベイシーらがほんの数秒ですが登場するのもうれしいものです。そのほか、アメリカの情勢とのかかわりを示す映像もたっぷりです。「ニクソンを支持して黒人からの支持が減った」「実業家としては失敗した」「給料はもらったが、レコーディングのギャラはゼロ」など、たんなる“絶賛映画”に終わっていない描写があるのも、監督の確かな視点を感じさせてくれました。そしてキャットフィッシュ・コリンズ、ウェイマン・リード、セント・クレア・ピンクニー等、今は亡きミュージシャンの雄姿に見とれてしまいました。
6月18日より角川シネマ新宿、渋谷アップリンク、吉祥寺オデヲンほか全国順次ロードショー。061.gif




by haradakazunori | 2016-04-28 10:20 | 映画

CD情報

c0348127_10474469.jpg
c0348127_10474369.jpg


次の作品の解説を書いています。内容も、もちろんいいです。よろしくお願いします。
●コリー・ヘンリー『リヴァイヴァル』(ユニバーサルミュージック)
●ブライアン・ブロンバーグ『フル・サークル』(キングインターナショナル)003.gif





by haradakazunori | 2016-04-25 10:48 | CD

さとにきたらええやん

c0348127_11005310.jpg
映画「さとにきたらええやん」(重江良樹監督)の試写に行きました。
大阪市西成区釜ヶ崎にある施設「こどもの里」の物語です。寝泊りする子だけではなく、学校帰りに遊びに来る子や一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子などが集うにぎやかな場です。「デメキン」と呼ばれる館長を中心に、母の暴力から逃れてきたマサキくん、兄弟に暴力をふるうことをやめて料理人になるという目標にむかって努力するジョウくんなどが、たくさんの仲間と共に助け合い、自分の可能性に開眼していく姿が描かれます。この町出身のSHINGO★西成のラップやライヴ風景も見ることができます。陽気でわかりやすい音楽は、大阪出身でもなく釜ヶ崎に足を運んだこともない自分と、その地の距離を近づけてくれました。
6月11日よりポレポレ東中野、6月中旬、第七藝術劇場ほか全国順次公開。061.gif




by haradakazunori | 2016-04-21 11:02 | 映画

雑誌情報

c0348127_10070308.jpg
c0348127_10054166.jpg
c0348127_10054306.jpg
c0348127_10055952.jpg
c0348127_10054511.jpg
「レコード・コレクターズ」の最新号に書いています。
「ミュージック・マガジン」の最新号に書いています。原田知世さんインタビューを担当しています。
「CDジャーナル」の最新号に書いています。
「HiVi」の最新号に書いています。今月はWHY@DOLLインタビュー、萩原健一・渥美清主演「八つ墓村」について書いています。
「ジャズジャパン」の最新号に書いています。瀬川昌久さん映画上映会レポート(渋谷シネマヴェーラ)と、ジョン・マクラフリン特集で書いています。
以上、ぜひともよろしくお願いいたします。019.gif




by haradakazunori | 2016-04-20 10:08 | 書籍・雑誌

ふたりの桃源郷

c0348127_09512399.jpg


映画「ふたりの桃源郷」の試写に行きました。山口県のローカル放送局である山口放送が開局60周年記念事業として制作した長編ドキュメンタリー映画です。
主人公である田中夫妻のことについて、僕は全く知りません。しかし1979年の映像で当時の年齢に関するテロップが出るので(夫65歳、妻60歳)、2016年の時点でもう彼らは生きていないのだな、ということはわかります。そして僕はすぐに、「この映画で自分たちは、彼らが老いて死ぬまでを見ていくのかも」とも思いました。
夫妻はその1979年に、長く住んでいた大阪を離れ、戦後しばらく住んでいた“山”に戻ります。そして自給生活を始めます。当時は驚くほど元気です。ねぐらにしている小型バスの中で、一緒の布団に入って就寝するシーンには、試写会場から笑いがもれるほどでした。しかし2000年を過ぎると(ふたりとも80歳を超えています)、夫は健康を害し、妻は物忘れがひどくなってきます。夫が93歳で亡くなった後も、妻はそれに気づかず、最晩年には寝たきりに。娘夫婦が献身的な看護をします。妻が亡くなった後、残された人々がどう“山”を守っていくか、そこも見どころです。
たしかに「ひとの家族の話」ではあります。ですが、この映画を見た方は、まず必ず登場人物の誰かに自らや親や子供を重ね合わせ、いつしか自分がストーリーの中にいるような気分になるのではないでしょうか。5月14日から東京・ポレポレ東中野、6月11日から山口県内5館で公開。061.gif






by haradakazunori | 2016-04-14 09:55 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

CD情報
at 2017-12-12 11:38
否定と肯定
at 2017-11-27 10:35
雑誌情報
at 2017-11-21 09:46
CD情報
at 2017-11-20 10:57
新世紀 パリ・オペラ座
at 2017-11-19 08:13
THE PROMISE 君へ..
at 2017-11-18 11:39
ジャコメッティ 最後の肖像
at 2017-11-08 11:46
目撃者 闇の中の瞳
at 2017-11-07 11:08

外部リンク

ファン