「原田和典 ブログ人」

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧




JAZZ100年

c0348127_13505306.gif
c0348127_13505377.gif
c0348127_13505385.gif
ジャズの面白さ、聴きどころをお伝えする好評シリーズ「ジャズ耳養成マガジン ジャズ100年」(CDつきのジャズ本、小学館より発売)が大団円に近づいています。好評に応え、3月31日からは新シリーズも登場しますが、まずはこの「100年」をビシッと読んでいただければと思います。監修は1967年開店のジャズ喫茶「いーぐる」店主の後藤雅洋さん。全国書店で発売中です。
第22巻のタイトルは「フル・ハウス「ブルージー」と「グルーヴィー」」。「ブルージー」「グルーヴィー」などと形容されるジャズを集めました。ギターのウェス・モンゴメリー、オルガンのジミー・スミスらの名演を聴くことができます。
第23巻のタイトルは「ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド ビッグ・バンドはジャズの華」。大人数ならではの大迫力でお届けするビッグ・バンド(オーケストラ)のジャズにスポットを当てています。
第24巻のタイトルは「『危険がいっぱい』のテーマ 名演の陰に名プロデューサーあり」。ジャズを陰で演出するプロデューサーの役割についてまとめられています。ジャズをプロデュースするというのはどういうことなのか、その謎が解けます。066.gif






by haradakazunori | 2015-02-27 10:56

雑誌情報

c0348127_10240014.jpg
c0348127_10240061.jpg
c0348127_10240126.jpg
「ミュージック・マガジン」の最新号に書いています。
「CDジャーナル」の最新号に書いています。
「ジャズジャパン」の最新号に書いています。
ぜひご確認くださいませ。よろしくお願いします。035.gif




by haradakazunori | 2015-02-23 10:24 | 書籍・雑誌

雑誌&ウェブ情報

c0348127_11040769.jpg
c0348127_11040820.jpg
「レコード・コレクターズ」の最新号に書いています。
「HiVi」の最新号に書いています。何を書いているか、ぜひチェックしていただけると幸いです。
「ミュージック・ペンクラブ」のHPが新しくなりました。ポピュラー部門に書いています。ぜひよろしくお願いします。072.gif





by haradakazunori | 2015-02-17 11:06 | 書籍・雑誌

CD&ウェブ情報

c0348127_09514100.jpg

次のCDの解説を書いています。タイトルはすべて「ライヴ・アット・スモールズ」です。発売はディスクユニオンより。
●ジョニー・オニール
●イアン・ヘンドリクソン・スミス・カルテット
●スパイク・ウィルナー・トリオ
●テオ・ヒル

ミュージック・ペンクラブのHPが新しくなりました。今回はポピュラー部門に書いています。

以上、ぜひよろしくお願いします!041.gif





by haradakazunori | 2015-02-13 09:53 | CD

イースト・ウィンド 72作品の解説を書きました

c0348127_11452348.jpg
c0348127_11452340.jpg

ユニバーサルミュージックから発売中のCDシリーズ「イースト・ウィンド・マスターズ・コレクション1000」、全72作品の解説を書きました。それぞれ税抜き1000円です。ラインナップは、こちらをどうぞ。
イースト・ウィンドとは、1974年にプロモーターの「あいミュージック」と、レコード会社「日本フォノグラム」が提携して生まれたレーベルです。作品づくりには「スイングジャーナル」誌の編集長だった児山紀芳氏、ニューヨーク在住のピアニストである菊地雅章氏の意向も反映されているようです。
イースト・ウィンドといえば、グレイト・ジャズ・トリオというグループが筆頭にあげられる場合が多いのですが、あれがレコード・デビューしたのは76年下旬のこと。本当にすごいのはそれ以前の2年間の吹き込み作品です。そしてもうひとつ、このレーベルのアルバムが素晴らしいのは、ジャケットです。「録音後のスタジオでミュージシャンが記念撮影」風のジャケットはひとつもありません。それどころか、演奏家の顔が写っている作品は本当に少数です。そこがレーベルの「高い品格」につながっているように思います。
イースト・ウィンドにはこの72枚のほかに、佐藤允彦~ゲイリー・ピーコック~富樫雅彦の『WAVE』(1986年)があります。これは2000年に再発されましたが、もう入手は難しいみたいです。また市場に出るといいなと思います。
今回、出た中では本田竹曠(たけひろ)の『サラーム・サラーム』、日野皓正(てるまさ)の『ホイール・ストーン』がとにかく圧倒的です。ジャズは命がけでするものだ、ということがとてもよくわかる大傑作です。018.gif





by haradakazunori | 2015-02-12 11:46 | CD

CD情報


c0348127_10123609.jpg
c0348127_10090190.jpg
CDの解説を書いています。
ダイアナ・クラール「ウォールフラワー」(ユニバーサルミュージック)
デューク・ピアソン「エンジェル・アイズ」
ウォルター・ビショップJr.「スピーク・ロウ」
アルバート・アイラー「ゴーイング・ホーム」(以上ミューザック)
ぜひよろしくお願いします!029.gif












by haradakazunori | 2015-02-03 10:10 | CD

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

CD情報
at 2017-12-12 11:38
否定と肯定
at 2017-11-27 10:35
雑誌情報
at 2017-11-21 09:46
CD情報
at 2017-11-20 10:57
新世紀 パリ・オペラ座
at 2017-11-19 08:13
THE PROMISE 君へ..
at 2017-11-18 11:39
ジャコメッティ 最後の肖像
at 2017-11-08 11:46
目撃者 闇の中の瞳
at 2017-11-07 11:08

外部リンク

ファン