「原田和典 ブログ人」

カテゴリ:イベント( 7 )




吉田戦車 原画展

c0348127_10304106.jpg
銀座「スパンアートギャラリー」で「吉田戦車 原画展」を見る。すばらしかった。外堀通り沿いで場所もわかりやすい。
ぼくは高校の頃から「ビッグコミックスピリッツ」を欠かさず読んでいる。「東京ラブストーリー」や「美味しんぼ」が人気だったころから読みだした。個人的に大好きだったのが「コージ苑」だ。それが終わってしまったときは、3度の飯が1度のどを通らずに2度になるくらいのショックだった。
「コージ苑のような漫画はもう出ないだろう、スピリッツを読んであれほどのエクスタシーを感じることは、もうないのだろうな」と思っていた。だがまったく別の作風で、まったく別のアングルで、それまで個人的には名前も聞いたことのなかった漫画家の作品がドカンと鮮烈に出てきた。それが吉田戦車の「伝染るんです。」だ。
得体の知れなさ、わけのわからなさに心を打たれた。それが自分には快感だった。かわうそが人気キャラになったのは物語の中盤くらいで、後半には山崎先生が人気を得た(両者をフィーチャーした実写版?のVHSもあった)。内容を知らせると背後から槍で首筋を刺される謎のゲーム“フルゴン”に感銘を受け、同名のバンドを組んだこともある。斎藤さんが受験に落ちて海賊になる展開には「がんばれ斎藤さん」と親族のように応援してしまったし、ついでにいうと斎藤さんが当時バリバリにお茶の間にやらしさを運んでいた杉本彩のファンであることも知った(カブトムシなのに、セクシー志向の人間女性が好みなのだ)。
原画展では、火星田マチ子と再会できたのも嬉しかった。“こぶし”を盗んで火星人初の演歌歌手になるのだが、その“こぶし”を盗む過程を生原稿で見ることができるとは、嬉しすぎる。たしか火星田マチ子だったか彼の父だったかは火星独自の音楽“プック”を、クローバーのような形のレコードで出していると記憶しているが、実際はどうだったか、久しぶりに単行本を引っ張り出して振り返ってみようと思う。
とにかく楽しい展示だった。心が晴れた。今日で終わるとのことだが、続編、続続編も楽しみにしたい。172.png





by haradakazunori | 2017-04-04 10:32 | イベント

イベント、今週金曜日開催!

c0348127_11135829.jpg
いよいよ迫ってきました。日時は3月3日(金)の午後7時から、場所はタワーレコード渋谷店8F“SpaceHACHIKAI”です。観覧無料!
イベント・タイトルは“タワーレコードPresents ECM SA-CD HYBRID SELECTION発売記念「先行試聴&トーク・イベント、渋谷店限定先行販売イベント”。当シリーズを監修されたオーディオ評論家の和田博巳さんのトークをメインに、原田もちょくちょく話させていただきます。
ディスクの発売は3月8日ですが、このイベントでも特別に売ります。5日も前に店頭に出しちゃうという、大フラゲです。作品はキース・ジャレットのソロ・ピアノ・ライヴの傑作『ザ・ケルン・コンサート』、チック・コリアの“カモメ”ジャケで有名な『リターン・トゥ・フォーエヴァー』、パット・メセニーの初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』の3点。黄金の大定番です。
3日は、この3点を和田さんの解説と共に、選りすぐりのオーディオ・システムで視聴します。ECMのSA-CD化は世界初です。ぜひおこしください!072.gif





by haradakazunori | 2017-02-27 11:20 | イベント

明日、四谷「いーぐる」特集!

c0348127_16030297.png
 
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
四谷のジャズ喫茶「い-ぐる」(東京都新宿四谷1-8  http://www.jazz-eagle.com/information.html)の名物企画「いーぐる連続講演」、2017年度のトップバッターを務めさせていただきます。新譜/気鋭にスポットを当てた特集です。

●  1月7日 (土曜日)午後3時半
『Rising & Upcoming  期待のニュー・スター2017』

「驚きの新星」、「日本でも人気上昇が期待される気鋭」、「もうそろそろ正当に評価されてほしい中堅」、「EXILE並みに増殖するスナーキー・パピー」、「ボウイ、サイモン、クロスビー・・・後期高齢者ロックと、ジャズ系気鋭の出会い」、「パトリック・ジマーリの英知」、「史上最初のジャズ・レコードって何?」などなど、いろいろコーナーを考えてますが、すべてはそのときの「ノリ」しだい。雑煮のようにモチモチと、こたつのようにウォームに、みかんのようにスウィートゥンサワーな内容にしたいと思っております。ぼくも行きます。ぜひお越しくださいませ!!051.gif





by haradakazunori | 2017-01-06 11:27 | イベント

ひばりルネッサンス

c0348127_12372772.jpg

4月2日、銀座山野楽器7階「JamSpot」でとても興味深いイベントが行われました。TBSが保管する映像をまとめた美空ひばりの10枚組DVD「宙(そらから)」の発売を記念した衣装展&トークショーです。トークショーの司会は「宙」の企画・構成を手がけた佐藤利明氏。ゲストはTBSの人気番組「奥さま8時半です」のキャスターをつとめ、ひばりさんへのインタビューを数多く手がけた鈴木治彦氏です。その鈴木氏が司会を務めた76年制作の番組も一部上映されましたが、その画面展開もすごかったです。まずオーケストラをバックにひばりさんが歌い、間奏のところでカメラが左にパンすると、そこに鈴木さんがいてコメントを述べます。そしてそのコメントがビシッと間奏の枠内に収まって終わるやいなや、ふたたびカメラが移動し、ひばりさんが歌い始めるという、文字通りの同時録音、まさしく一発録り。演者と司会者、そしてカメラや音声スタッフの息が合わなければ絶対に不可能な至芸です。
ジャッキー吉川とブルーコメッツをバックにした「真赤な太陽」は、音声こそリップシンクですが、セット最前面にヤマハのドラムを叩くジャッキー吉川をおき、その背後の高い壇の上にひばり、さらにその両脇を他のブルコメのメンバーがカッコ状に並ぶというレイアウトにしびれました。ブレイクのところでスティックを回転させたり、音程の高い方から低い方へとタムを順に叩いていくオカズ部分などに、いまはもう体験できない古き良き時代の“見せるドラマー”の姿を感じました。
それにしてもTBSは本当に“物持ちのいい会社”だと改めて感銘を受けました。考えてみれば後年、ビデオになった1961年のアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズや63年のセロニアス・モンクの来日公演なども、全部TBSの制作でした。ものの価値をわかっているスタッフがいるのは、素晴らしいことです。DVDは5月29日発売。ひばりルネッサンス、到来です。003.gif






by haradakazunori | 2015-04-07 08:35 | イベント

ありがとうございました

1月10日、四谷いーぐるで行なわれた「ホレス・シルヴァー特集」にご来場いただき、まことにありがとうございました。
楽しいひと時を一緒にすごしていただき感謝です。今後ともよろしくお願いいたします。




by haradakazunori | 2015-01-12 11:54 | イベント

ホレス・シルヴァー特集、あさってに迫る!

c0348127_10470875.jpg
新年、いかがですか?
1962年の今頃、ホレス・シルヴァーは日本にいました。大手町サンケイホール(日本武道館が解放される前、大物外国ミュージシャンが最もよく使ったコンサート・ホールです)で1日2回公演を数日おこない、超満員だったそうです。テレビでは特別番組も組まれ、街を歩くとサイン攻めだったそうです。
10日(土曜)、「いーぐる連続講演」で、そのホレス・シルヴァーの特集をします。チック・コリア、セルジオ・メンデスなどいろんなミュージシャンに影響を与えたピアニスト/作曲家です。若き日の石原慎太郎もパリで彼の演奏に接して大感激したそうです。開演時間は3時半。名曲名演の数々を、手ごたえのあるオーディオでたっぷり聴きませんか? 場所、連絡先等は、こちらをどうぞ。071.gif





by haradakazunori | 2015-01-08 10:53 | イベント

ホレス・シルヴァー特集、来年1月10日!



c0348127_08561864.jpg


四谷のジャズ喫茶「いーぐる」(1967年創業)で行なわれているロングラン企画「いーぐる特別講演」の選曲としゃべりを担当します。
今回のテーマは「ホレス・シルヴァー」。ジャズ界を代表する作曲家、ピアニストです。いわゆる「ファンキー・ブーム」の中心人物であると同時に、セルジオ・メンデスなど数々のミュージシャンに影響を与えました。彼が残した名曲名演に加えて、レアなライヴ音源も織り交ぜて楽しんでいただけたらと思います。家では聴けないサウンド・クオリティで、シルヴァーの熱演をどうぞ!

日時;2015年1月10日(土曜日) 午後3時半から6時過ぎまで
場所;「いーぐる」(東京都新宿四谷1-8 TEL 03-3357-9857。四ツ谷駅から新宿方面に5分ほど)049.gif





by haradakazunori | 2014-12-25 09:02 | イベント

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

天使の入江
at 2017-06-29 11:06
CD情報
at 2017-06-22 09:34
CD情報
at 2017-06-21 11:57
めだまろん ザ・レジデンツ・..
at 2017-06-08 09:38
ボンジュール、アン
at 2017-05-28 09:27
ダンサー、セルゲイ・ポルーニ..
at 2017-05-27 10:17
ローラ
at 2017-05-26 09:14
雑誌情報
at 2017-05-23 11:13

外部リンク

ファン