「原田和典 ブログ人」

カテゴリ:未分類( 14 )




本日、19時からタワレコでイベント開催!

c0348127_11135829.jpg
本日3月3日(金)の午後7時から、タワーレコード渋谷店8F“SpaceHACHIKAI”でイベント“タワーレコードPresents ECM SA-CD HYBRID SELECTION発売記念「先行試聴&トーク・イベント、渋谷店限定先行販売イベント”があります。観覧無料! 当シリーズを監修されたオーディオ評論家の和田博巳さんのトークをメインに、原田もちょくちょく話させていただきます。
ディスクの発売は3月8日ですが、このイベントでも特別に売ります。作品はキース・ジャレットのソロ・ピアノ・ライヴの傑作『ザ・ケルン・コンサート』、チック・コリアの“カモメ”ジャケで有名な『リターン・トゥ・フォーエヴァー』、パット・メセニーの初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』。この3点を和田さんの解説と共に、選りすぐりのオーディオ・システムで楽しみます。ECMのSA-CD化は世界初です。世界初の瞬間を、ぜひ皆さんと体験したいです。016.gif




by haradakazunori | 2017-03-03 09:08

雑誌&書籍情報

c0348127_11273330.jpg

c0348127_11273210.jpg

c0348127_11273110.jpg

c0348127_11273219.jpg
c0348127_11273253.jpg
c0348127_11273207.jpg
「レコード・コレクターズ」の最新号に書いています。HIS(細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美)についての記事などです。
「ミュージック・マガジン」の最新号に書いています。特集は「ベスト・アルバム2016」です。
「CDジャーナル」の最新号に書いています。
「ジャズジャパン」の最新号に書いています。この夏、ニューヨークで伝記映画が公開されたトランペット奏者リー・モーガンについてです。
「映画秘宝」の最新号に書いています。『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』のプロデューサーでドラマーのヴィンス・ウィルバーンへのインタビュー他です。
「最強のジャズ100年史 名曲・名盤のブルーノート物語」(行方均 編著/学研)にも書いております。名門レーベル“ブルーノート”の紹介です。
以上、ぜひぜひよろしくお願いいたします。049.gif




by haradakazunori | 2016-12-23 11:29

CD情報

c0348127_23434024.jpg
c0348127_23434870.jpg
c0348127_23434221.jpg
前回に続いて、ユニバーサルミュージックのCD再発シリーズ「ジャズ百貨店」のライナーノーツ(解説)を書いています。1950~60年代の古典ばかり、ぜひどうぞ。


(リヴァーサイド・レーベル編)
ビル・エヴァンス「ワルツ・フォー・デビイ」「ポートレイト・イン・ジャズ」「インタープレイ」「エヴリバディ・ディグズ」「ニュー・ジャズ・コンセプションズ」
ウェス・モンゴメリー「フル・ハウス」「インクレディブル・ジャズ・ギター」「ボス・ギター」「ザ・ウェス・モンゴメリー・トリオ」
セロニアス・モンク「ブリリアント・コーナーズ」「セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン」「ザ・ユニーク」
ナット・アダレイ「ワーク・ソング」
ウィントン・ケリー「ケリー・ブルー」


(ブルーノート・レーベル編)
キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス「サムシン・エルス」
ジョン・コルトレーン「ブルー・トレイン」
ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」
ハービー・ハンコック「処女航海」「スピーク・ライク・ア・チャイルド」
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ「モーニン」
ソニー・ロリンズ「ヴィレッジ・ヴァンガードの夜」
リー・モーガン「ザ・サイドワインダー」「キャンディ」
バド・パウエル「ザ・シーン・チェンジズ」
ケニー・バレル「ミッドナイト・ブルー」
ハンク・モブレー「ディッピン」
ホレス・シルヴァー「ソング・フォー・マイ・ファーザー」
ウェイン・ショーター「スピーク・ノー・イーヴル」
エリック・ドルフィー「アウト・トゥ・ランチ」





by haradakazunori | 2016-10-08 11:53

CD情報

c0348127_23434466.jpg
c0348127_23434656.jpg
c0348127_23433869.jpg
ユニバーサルミュージックのCD再発シリーズ「ジャズ百貨店」のライナーノーツ(解説)を書いています。どれも風雪に耐えた名盤ばかりです。ぜひどうぞ。

(プレスティッジ・レーベル編)
ソニー・ロリンズ / サキソフォン・コロッサス
レッド・ガーランド / グルーヴィー
マイルス・デイヴィス / リラクシン
ジョン・コルトレーン / ソウルトレーン
マイルス・デイヴィス / クッキン
モダン・ジャズ・カルテット / ジャンゴ
ケニー・ドーハム / 静かなるケニー
レイ・ブライアント / レイ・ブライアント・トリオ
マイルス・デイヴィス / ワーキン
モダン・ジャズ・カルテット / コンコルド

(インパルス・レーベル編)
オリヴァー・ネルソン / ブルースの真実
チャールス・ミンガス / 黒い聖者と罪ある女
ギル・エヴァンス / アウト・オブ・ザ・クール
クインシー・ジョーンズ / クインテッセンス
シェリー・マン / 2 3 4
ソニー・ロリンズ / オン・インパルス
ジョン・コルトレーン / トランジション
マッコイ・タイナー / プレイズ・エリントン
ガトー・バルビエリ / チャプター・ワン
マッコイ・タイナー / インセプション




by haradakazunori | 2016-10-07 09:26

雑誌&ウェブ情報

c0348127_16591920.jpg
大人の男のファッション誌「フリー&イージー」の最新号に書いています。今回は岡村靖幸や上原ひろみの新作について。
音楽ライターの団体「ミュージック・ペンクラブ」のHPに書いています。今回はクラシックポピュラーです。
以上、よろしくお願いします。030.gif




by haradakazunori | 2016-02-06 10:59

JAZZの巨人

c0348127_20481724.gif
c0348127_20481742.gif

小学館の入魂企画、「JAZZの巨人」です。四谷のジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋さんが監修。文章や貴重な写真で目を楽しませ、本人演奏のCDで耳を喜ばせます。第17巻は「ホレス・シルヴァー ジャズとソウルを融合させたファンキー伝道者」、第18巻は「リー・モーガン 唯一無二のトランペット・スタイリスト」。両方とも最高にエキサイティングな奏者です。演奏、曲作り、ファッション・センスで、時代をリードしたのです。このかっこよさを知ってほしい! 書店で売ってます。ぼくも原稿を書いています。ぜひチェックしてくださいませ。056.gif






by haradakazunori | 2015-12-14 10:23

雑誌情報

c0348127_23413410.jpg
c0348127_23413425.jpg
c0348127_23413358.jpg
「ブルース&ソウル・レコーズ」の最新号に書いています。
「フリー&イージー」の最新号に書いています。
「ドキュメンタリーマガジンneoneo #05」に出ています。ドキュメンタリー音楽映画についての座談会でしゃべっています。
以上、よろしくお願いします。016.gif




by haradakazunori | 2015-07-04 12:07

「JAZZの巨人」

c0348127_09555724.jpg
c0348127_09555674.jpg
1年間続いた小学館の大好評企画「JAZZ100年」に続き、新シリーズ「JAZZの巨人」が始まりました。「マイルス・デイヴィス VOL.1 ジャズを創り、ジャズを超えた「帝王」」と「ビル・エヴァンス VOL.1 繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者」が発売中です。監修は引き続き、四谷のジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋さん。興味深い文章、対談、貴重な写真で楽しませてくれます。ぼくも書いてます。もちろんマイルスやエヴァンス自身の演奏するCDつきです。「JAZZ100年」ともども、書店などで絶賛発売中。ぜひともよろしくお願いします!041.gif






by haradakazunori | 2015-04-21 09:58

JAZZ100年、完結!

c0348127_10361347.gif
c0348127_10361353.gif
ジャズの面白さ、聴きどころをお伝えする好評シリーズ「ジャズ耳養成マガジン ジャズ100年」(CDつきのジャズ本、全26巻完結。小学館より発売)がついに完結しました。ぼくも書いております。
第25巻のタイトルは「ヌアージュ ヨーロッパに咲いたジャズ文化」。世界中のギタリストに影響を与えたジャンゴ・ラインハルトを始め、ヨーロッパ出身のミュージシャンの演奏が数多く紹介されています。
第26巻のタイトルは「ルート66 男声の名歌」。「歌好きが最後に到達するのが、男性ジャズ・ヴォーカルなのです」というキャッチ・コピーがいいですね。ナット・キング・コール、ジョニー・ハートマンからミルス・ブラザーズまで。素敵なセレクションです。監修は1967年開店のジャズ喫茶「いーぐる」店主の後藤雅洋さんです。
3月31日からは、新シリーズ「ジャズの巨人」が始まります。こちらにもぼくは書いています。ぜひどうぞ!010.gif




by haradakazunori | 2015-03-27 10:39

JAZZ100年

c0348127_13505306.gif
c0348127_13505377.gif
c0348127_13505385.gif
ジャズの面白さ、聴きどころをお伝えする好評シリーズ「ジャズ耳養成マガジン ジャズ100年」(CDつきのジャズ本、小学館より発売)が大団円に近づいています。好評に応え、3月31日からは新シリーズも登場しますが、まずはこの「100年」をビシッと読んでいただければと思います。監修は1967年開店のジャズ喫茶「いーぐる」店主の後藤雅洋さん。全国書店で発売中です。
第22巻のタイトルは「フル・ハウス「ブルージー」と「グルーヴィー」」。「ブルージー」「グルーヴィー」などと形容されるジャズを集めました。ギターのウェス・モンゴメリー、オルガンのジミー・スミスらの名演を聴くことができます。
第23巻のタイトルは「ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド ビッグ・バンドはジャズの華」。大人数ならではの大迫力でお届けするビッグ・バンド(オーケストラ)のジャズにスポットを当てています。
第24巻のタイトルは「『危険がいっぱい』のテーマ 名演の陰に名プロデューサーあり」。ジャズを陰で演出するプロデューサーの役割についてまとめられています。ジャズをプロデュースするというのはどういうことなのか、その謎が解けます。066.gif






by haradakazunori | 2015-02-27 10:56

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

天使の入江
at 2017-06-29 11:06
CD情報
at 2017-06-22 09:34
CD情報
at 2017-06-21 11:57
めだまろん ザ・レジデンツ・..
at 2017-06-08 09:38
ボンジュール、アン
at 2017-05-28 09:27
ダンサー、セルゲイ・ポルーニ..
at 2017-05-27 10:17
ローラ
at 2017-05-26 09:14
雑誌情報
at 2017-05-23 11:13

外部リンク

ファン