「原田和典 ブログ人」

あさがくるまえに

c0348127_13545099.jpg
映画「あさがくるまえに」(原題;R?parer les vivants)の試写に行きました。監督はコートジボワール出身のカテル・キレヴェレ、旧作「聖少女アンナ」と「スザンヌ」がいずれもカンヌ国際映画祭の「監督週間」と「批評家週間」の開幕上映作品に選ばれた気鋭です。この「あさがくるまえに」もヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門に選ばれました。
原作はメイリス・ド・ケランガルの書いた小説「ザ・ハート」。メイリスは、いくつかの映画化のオファーの中から、キレヴェレ監督に白羽の矢を立てたとのことです。物語は夜明け前、シモン(ギャバン・ヴェルデ)がガールフレンドを部屋に残し、友人とサーフィンに出かけるところから始まります。とても楽しいサーフィンだったはずですが、それを終え、車で移動中に悲劇が起こります。シモンは脳死、呼び出された両親は「息子が蘇生する可能性は低いこと」を知らされ、続いて臓器提供の話を持ちかけられます。言葉にならないほどショックを受けているのに、何をいきなり臓器移植の話をするのか! 気持ちが昂るのは当然かもしれません。が、両親は話し合い、考えに考えて、臓器提供のほうへと考えをかえていきます。そこに至るまでの声の出し方や表情の変化も、ぼくにとっては本作の大きな見どころでした。
そしていっぽうでは、あるベテランの音楽家が心臓移植の機会を待っていました。彼女もまた悩んでいます。もう若くない自分が、他人の命と引き換えに、そこまで延命する意味があるのだろうか・・・
さまざまな悩み、決意が、セリフの少ないこの映画に陰影を加えていきます。音楽のアレキサンドル・デスブラは、かつてぼくに「ものすごくうるさくて、ありえないほど遠い」のサントラで大きなインパクトを与えた才人です。今回も幻想的、淡々と、すばらしい仕事をしています。9月16日からヒューマントラスト渋谷などで全国順次公開。177.png





by haradakazunori | 2017-07-26 10:31 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

CD情報
at 2017-12-12 11:38
否定と肯定
at 2017-11-27 10:35
雑誌情報
at 2017-11-21 09:46
CD情報
at 2017-11-20 10:57
新世紀 パリ・オペラ座
at 2017-11-19 08:13
THE PROMISE 君へ..
at 2017-11-18 11:39
ジャコメッティ 最後の肖像
at 2017-11-08 11:46
目撃者 闇の中の瞳
at 2017-11-07 11:08

外部リンク

ファン