「原田和典 ブログ人」

ディストラクションベイビーズ

c0348127_11443413.jpg


映画「ディストラクションベイビーズ」の試写に行きました。見たことのないタイプの映画でした。監督・脚本は真利子哲也(脚本は喜安浩平と共同)。
真利子氏の作品を初めて見たのは忘れもしない、2011年の9月のこと。場所は水戸芸術館ACM劇場、作品は「NINIFUNI」です。車で延々移動するところ、コンビニで休憩するところ、厳しさを感じさせる冬の海の色など、いろんな場面を思い出します。まだ大きくブレイクする前の、ももいろクローバー(いわゆる無印時代)を起用している着眼点もすごいと思いました。その日は上映の後、ももいろクローバーZのライヴがありました。途中、すりばち状の会場がグワッと揺れました。余震です。
「ディストラクションベイビーズ」の主人公、芦原泰良を演じる柳楽優弥は、とにかくいきなり人を殴って殴って殴りまくります。相手に殴り返されて、血だらけになっても、さらに殴りに立ち向かっていきます。拳で殴るときの、低く沈んだ“ゴンッ”という音がリアリティを倍増させます。最初、彼から逃げていたのに、あることがきっかけで歩み寄って事件に深くかかわっていく高校生には菅田将暉が扮し、ほかにも那奈役の小松菜奈、主人公の弟を演じる村上虹郎らがストーリーの中で重要な役割を示します。連続ぶん殴りと“みこしかつぎ”の因果関係も、相当に奥深いテーマとして見る者につきつけられてきます。ライブハウス「サロンキティ」や、ひめキュンフルーツ缶、ナノキュンなどが出るシーンがあるのも個人的に高まりました。
サウンドトラックはZAZEN BOYSの向井秀徳が担当。ロックというよりフリー・ジャズ的な音で画面をかき乱します。5月21日から、テアトル新宿など全国ロードショー。061.gif






by haradakazunori | 2016-03-27 11:46 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

明日1月6日、イベント開催!
at 2018-01-05 09:58
デヴィッド・リンチ:アートライフ
at 2017-12-29 10:53
CD情報
at 2017-12-28 11:47
雑誌情報
at 2017-12-27 11:33
息衝く
at 2017-12-20 11:59
CD情報
at 2017-12-19 12:08
CD情報
at 2017-12-17 11:34
CD情報
at 2017-12-12 11:38

外部リンク

ファン