「原田和典 ブログ人」

「放射線を浴びたX年後 2」

c0348127_10441036.jpg
映画「放射線を浴びたX年後 2」(監督・伊東英朗)の試写に行ってきました。
前作「放射線を浴びたX年後」を故郷の高知県室戸市で見た女性は、36歳の若さで急逝した元漁師の父親の死についての疑問を確かにします。女性が厚労省へ情報開示請求をしたところ、父親の乗っていた漁船は3度、“死の灰を浴びた魚”を廃棄していたことが明らかになりました。やはり高知出身で漁師の父親を持つ漫画家の和気一作も、若くして亡くなった父親の死に疑問を感じます。「病室での父は、死臭がした。葬儀の時、骨はボロボロだった。それはなぜか」。これが縦軸です。
アメリカが太平洋上で約100回もの核実験を始めたのは、日本敗戦の翌年にあたる1946 年からです。そこで初めて使われた(それ以前は地球に存在しなかった。つまり日本に爆弾として落とされていない)セシウム137が、どうして日本の1960年代初頭に建てられた家屋の軒下から検出されたのか? これが横軸です。
女性が元漁師たちを訪ね歩き、話をきくシーンにも胸が詰まりました。「粉が降り積もって海が真っ黒になった」という発言には悪寒がしました。ぜひ見て、感じていただけたらと思います。11月7日から20日まで愛媛・シネマサンシャイン大街道、11月21日から12月11日まで東京・ポレポレ東中野で公開。061.gif




by haradakazunori | 2015-10-21 10:47 | 映画

音楽ライター/ジャーナリスト、原田和典のブログです。
by harada kazunori
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「ボーン・トゥ・ビー・ブ..
from ここなつ映画レビュー

検索

ブログパーツ

最新の記事

雑誌情報
at 2017-08-22 11:23
追想
at 2017-07-28 11:00
あさがくるまえに
at 2017-07-26 10:31
雑誌情報
at 2017-07-24 11:48
ロスト・イン・パリ
at 2017-07-06 11:20
リベリアの白い血
at 2017-07-04 11:55
雑誌情報
at 2017-07-03 09:42
天使の入江
at 2017-06-29 11:06

外部リンク

ファン